株式会社沖縄計測|土木調査事業|リサイクル事業|アグリ事業
HOME >  事業内容 >リサイクル事業 


平成12年4月、(財)日本容器包装リサイクル協会の指定工場として廃ペットボトルの再生工場を開設しました。
その経験から、廃棄処分状況の悪化が予想された他のプラスチックの再生処理の事業も平成18年より開始しております。
PRF化については、「沖縄県産業廃棄物排出制御リサイクル等推進事業」にて補助金の交付を受けました。


施設稼動能力 4.320t / 年
敷地面積 2.356.0 m²
工場面積 985.6 m²


選別・破砕・洗浄の工程を経て廃ペットボトルをペットフレーク(再生原料)へ再生処理しています。

















































入荷したペットボトルベール品の保管

解俵機によりペットボトルベール品を1本1本に分けます。





異種ボトル(ペットボトル以外のボトル)、金属を機械や手作業で除去します。

ペットボトルを粉砕機により細かく砕きます。





風力選別機によりラベルを除去します。
RPFへ




粉砕されたペットボトルを比重分離機によりペットフレーク(ペットボトル粉砕品)とキャップ粉砕品に分けます。
(水に対しペットフレークは沈み、キャップ粉砕品は表面に浮く比重を利用して分離されます。)

商品化製品利用業者へ出荷しPRバンド等へ再生されます。

ペットフレークを水洗浄し脱水します。

フレコンバッグへ充填し出荷します。

出荷されたペットフレークは、再商品化製品利用業者により卵パックや作業着など、さまざまなリサイクル製品に生まれ変わります。


①ペットボトル識別マークとプラスチック識別マークを分別しましょう
②キャップを外し、軽く中をすすぎましょう。
③ペットボトルを横につぶし、ラベルは出来るだけはがしましょう。
④市町村の指定されたペットボトル収集日に排出しましょう

ペットボトルの「PET」は「ポリエチレンテレフタレート(Poly Ethylene Terephthalate)」の略で、衣類などでおなじみの「ポリエステル」とも呼ばれています。


PETボトルのラベル等フィルム類を破砕・減容固化し、固形燃料(RPF)を製造しています。
弊社の製造したRPFは、単一製品のため、均一な熱量を供給します。

フィルム減容機

固形燃料(RPF)








HOME土木調査事業リサイクル事業アグリ事業両コイル型磁気傾度計販売植物工場システム販売ごあいさつ会社概要業務実績社会的責任CO2削減お問い合わせ求人情報サイトマッププライバシーポリシー

copyright(c)株式会社沖縄計測Allright riserved