株式会社沖縄計測|土木調査事業|リサイクル事業|アグリ事業
HOME > 事業内容 > 磁気探査


 沖縄では、戦時中の不発弾が現在でも多数埋没しており、工事などで地盤を掘削する場合には、不発弾による事故のないよう事前に磁気探査を行い安全を確かめなければなりません。
また海中では、不発弾の他にも戦時中に埋設された機雷も未だ残存していると言われており、陸上と同様に磁気探査による安全確認を行わなければなりません。
磁気探査の種類としては、以下の探査が挙げられます。


磁気探査で発見された不発弾(250kg爆弾)

磁気探査で発見された不発弾(250kg爆弾)


この探査は地表面から地下1.00mを探査範囲として実施する磁気探査で、人力にて両コイル型磁気傾度計を移動させて記録をとり、このデータに基づいて磁気異常点を特定し、異常点の平面位置・深度・磁気量を算出します。算出された異常点は、実際に掘削して確認します。


水平磁気探査 

磁気異常点の確認探査


戦時中に使用された爆弾の中には、地中深くに埋没したものもあり、地表面での探査(水平磁気探査)では不発弾が検出されない場合、また、基礎杭を打設するなど地中深くまで工事する場合、鉛直磁気探査を行います。
鉛直磁気探査には、ロータリー式ボーリング機により掘削した孔に両コイル型磁気傾度計を挿入し、磁気記録を測定、得られた磁気異常波形を解析することにより埋没位置および磁気量を求めます。


鉛直磁気探査 

鉛直磁気探査記録測定

海底にも、陸上と同様に多数の不発弾等が残っており、工事・浚渫作業は非常に危険であるため、、施工前に危険物の除去が必要になります。海底での不発弾類を安全かつ効率良く探査するため、海上磁気探査が行われます。
また、海底に磁気異常が確認された場合は、潜水磁気探査を行い、磁気異常物の確認を行います。

海上磁気探査

潜水磁気探査














HOME土木調査事業リサイクル事業アグリ事業両コイル型磁気傾度計販売植物工場システム販売ごあいさつ会社概要業務実績社会的責任CO2削減お問い合わせ求人情報サイトマッププライバシーポリシー

copyright(c)株式会社沖縄計測Allright riserved